スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Nyckelharpakurs i Ekebyholm ニッケルハルパのコース 

Svenska text finns längre ned!

ダーラナから帰ってきた次の日から5日間のニッケルハルパのサマーコースが始まりました。
場所はEkebyholm(エーケビーホルム)という所にあるお城です。
お城といっても規模はかなり小さいです。

このコース、毎年参加希望者が応募数を大幅に上回る人気で一般応募はしていません。
申込用紙が送られてきた当日に返信しないとキャンセル待ちになるという噂です。


午前中は個人レッスン(30分)、午後はグループレッスン(1時間)、夜にはコンサートやダンスがあります。今年の参加者は81名。
いつもよりバイオリン奏者の数が多かったように思いますが、90%近くはニッケルハルパ奏者です。

私とパートナーはいつも同じ先生を希望してレッスンの時間をくっつけてもらうのですが、今年は第一希望の先生が怪我のために参加されなかったこともあって別々の先生になりました。
そのため、両方の先生に2人で一緒にレッスンを受けたのですがこれが大正解。

最初の先生はTorbjörn Näsbom
里の猫さんがプロデュースされたFrom Castle and Cottageでニッケルハルパを演奏されています。

この先生の授業では楽器の持ち方、弓の持ち方、姿勢から始まって表現や二人での合奏などについてみっちりしごかれました。新しい曲は習わず、力の抜き方、表現方法を中心に練習しました。
私もパートナーも今まで気がつかなかったことを色々指摘され、とても勉強になりました。
最初の日には散々文句を言われたのですが(笑)、最後の日には注意された点がかなり改善されたとほめてもらいました。
私達も先生に指摘された点を直したら急に今まで出よりいい音が出たりしてびっくり。

次の先生はErik Rydvallという若い先生です。
この先生にはダーラナの曲をリクエストしました。Torbjörnのところでしごかれた、と冗談を言ったら「僕は優しいよ」とにっこり。
Erikもとてもいい先生です。習った曲はリズムが変則的なので少し難しかったのですが、今まで試したことのなかった運弓方法などを教えてもらいました。
Torbjörnと同じで指も弓もものすごく早いのにとてもリラックスして楽しんで弾いている先生でした。

他にも夜のコンサートやEva Tjörneboの歌のレッスン、夜中までの演奏仲間との合奏などとても楽しかったです。
私はここ3-4年編み物や紡ぎ、織りなど夢中でニッケルハルパはほとんど弾いていなかったので演奏仲間についていけなくなっていたのが残念でした。やっぱり練習しないとだめだな・・・
う~ん、働く暇がないぞ。

Dagen efter vi kom hem från Dalarna, började sommarkurs i nyckelharpa i Ekebyholm.
Den här kursen är så populär bland nyckelharpaspelmän. Kursen annonseras inte ut officiellt och man kommer inte med om man inte skickar anmälan samma dag man får anmälningspapper säger man.

De flesta deltagare spelar nyckelharpa, men det finns några som går fiolkursen också.
Man får 30miners egen lektion på förmiddagarna och på eftermiddagar får man grupplektioner.
Jag och min sambo brukar välja samma lärare och slår ihop egna lektiner så att vi får 1 timmes lektion, men i år fick vi olika lärare.
Det visade sig att det var jättebra!

Första lärare var Torbjörn Näsbom.
Han spelar nyckelharpa på From Castle and Cottage som min väninna Satoko producerade.

Han hackade på oss ordentligt (!) för vår hållning av instrument, och stråke och sedan stråkföring. Vi fick även öva samspel, dynamik osv.
Och det gav resultat! Det var riktigt bra lektioner. Vi fick mycket inspiration av honom.

Andra lärare var Erik Rydvall. Av honom önskade vi dalalåtar. Han lärde oss speciell stråkföring också.
Både Trobjörn och Erik är skicklig spelmän, snabba och framförallt avspända.

Vi hade även sånglektioner med Eva Tjörnebo, jättebra konserter, dans och spel med spelkompisar.

Jag har inte övat nyckelharpa de senaste 3-4 åren eftersom jag var upptagna med stickning, spinning och vävning, och därför kände litet svårt hänga med spelkompisar ibland, men det var trevlig ändå.
Nu måste jag öva litet... hur ska jag hinna jobba?

Ekebyholms slott
Ekebyholmsslott エーケビーホルムのお城

spel i parken
Spel i parken med Bosse Larsson och Anders Liljefors
公園でボッセ・ラーションとアンデシュ・リリエフォシュをかこんで合奏。







スポンサーサイト

[2009/07/01 02:59] Folkmusik - 民俗音楽 | トラックバック(-) | コメント(-)

Nyckelharpstämman 

久々に音楽の話題です。
土曜日は、ÖsterbybrukというUppsalaからさらに車で1時間ほど行った所にある小さな村で,
毎年開催される Nyckelharpstämma に行って来ました。
毎年6月から8月に掛けて、各地でFolkmusikstämma(民俗音楽祭?)が催されますが、その中でもNyckelharpaを弾く人には知らない人がいない、と言ってもいいほど有名な音楽祭です。写真は今年のニッケルハルパワールドカップ(?)の優勝者。とってもひょうきんなお兄ちゃんです。

私はここ1年ほどまともに練習していなかったので、元々ない腕がガタ落ちしていて皆についていくのが大変だったけれど(涙)、久しぶりに会ったニッケルハルパ仲間に「どうしてたの~、あなた達、全然どこにも来ないから心配してたのよ。」などと言ってもらえて嬉しかったです。練習再開しなくちゃ。

Det var ett tag sedan jag skrev om folkmusik.
Vi åkte till Nyckelharpstämma i Österbybruk som ligger norr om Uppsala i lördags.
Jag har inte hunnit öva nyckelharpan ett helt år och därför kunde inte spela så bra, men det var jättekul att träffa spelkompisar och spela med dem. Det är nog dags börja öva igen...
Bilden är årets nyckelharpa-VMmästare; Magnus. Han spelar jättebra!

日曜日はニルスとニルスの弟が焼いてくれたバースデーケーキを、私の友達も交えて食べました。中にはブルーベリーがたっぷり入ったジューシーなケーキ、私の名前が漢字でデコレーションされています。2文字のバランスは悪いけど、ちゃんと漢字になっているのがすごい!味も抜群でした。
晩ご飯は彼らがパイを焼いてサラダを作ってくれました。これも絶品♪
ごちそう様でした~。素敵な誕生日になりました。どうもありがとう!


På söndag hade vi födelsedagsfika med min sambo, hans bror och mina kompisar. Blåbärstårta som sambon och hans bror bakade och dekorerade med mitt namn med tecken var fantastisk goda!
På kvällen bakade de dessutom pajer och gjorde en fin sallad. De var också utsökta!

さて、今日の晩ご飯は「それぞれ自分で好きなものを食べる日」でした。本当は「ちゃんとした晩ご飯を作るのが面倒な日」、なんですけどね。
こういう日はニルスはたいていHavregrynsgröt、私は蕎麦やうどんなどの麺類を食べる事が多いのですが、今晩の私のメニューはざるそばでした。そばつゆも自分で作って、大根おろしと自家栽培の大葉、ネギ、わかめ、梅干を添えて、ゆずコショウと七味たっぷり入れて食べました。う~ん、日本人でよかった!

Ikväll lagade jag Zaru-soba (kall bovetenudlar) med riven rättika, sjögräs, purjolök, japanska örtväxt (som jag planterat). Såsen är gört av bonito(en sorts fisk)-bujong, litet socker, soja och mirin(sötrisvin). Det passar jättebra när det är så värmt och då man vill inte äta varma mat. Jag är lycklig att jag är en japan!

こちらは我が家の曲がりキュウリたち。(曲がったキュウリはEUでは不合格になるんだそう・・・なんでやねん?)キュウリは水分が足りないと曲がるんだそうです。水はたくさんあげてるんだけどな~。もちろん真っ直ぐに育ったキュウリもあるんですよ。もう2-3本収穫して食べたんですが、おいしいっ!
味見したスウェーデン人の友達も「こんなに味のあるキュウリって始めて、甘いね!」と喜んで食べていました。いつもスウェーデン人に「日本のキュウリはスウェーデンのキュウリより味がある」と自慢していた私の言葉が証明できて大満足。イヒヒ・・・

Här rär mina icke-EU-godkända gurkor. När gurkorna inte får upp tilläckligt mycket vatten, blir de böjda. Jag har vattnat mycket, men det verkar inte räcka till. (Det finns många som inte är böjda!)
Gurkorna smakar sött och har så mycket smak! Jag brukade säga till mina kompisar att japanska grukor är mycket godare än svenska, men de trodde inte på mig. Men nu tror de som fick smaka mina gurkor mig! Hihi...

[2006/06/20 04:20] Folkmusik - 民俗音楽 | TB(0) | Comment(9)

TPBオーケストラ 

クリスマスが近づいてきました。
私の職場では、毎年Lucia(12月13日)の朝には、Glögg(もちろんアルコールフリー)とPepparkaka、Lussekatt、ミカン(なぜ?)などを出してくれます。仕事に来たら、入り口のところで色々つまみながらおしゃべりをします。

今年はLuciaの翌日、14日にJulluchがあります。職場内の食堂でなので、内容に期待はしていませんが、引退した職員が参加したりするので、楽しいおしゃべりのひと時です。
このJullunchの準備を待っている間に、私も参加しているTPBオーケストラが演奏を披露します。(TPBは、職場の名前です。)

オーケストラなんて呼んでますが、楽器の弾ける/吹ける職員が5-6人集まっただけのグループです。
今年はElbas(エレキベース)を弾く新メンバーが参加してくれるので、去年よりは期待できそう。

今日は初音合わせでした。このところ全然弾く時間のないNyckelharpa(ニッケルハルパ)を引っ張り出し、フルートの埃も払って、練習に参加。
練習してないので腕が落ちてます・・・
でも久々に楽器に触れて楽しかった。
新人のエレキと、もう一人のギター以外は皆、はっきり言って下手です。(笑)音合わせもめちゃくちゃだし、変なコードも聞こえてくるし。(涙)

一応音楽を勉強してきた身としては、はっきり言って「ちょっと、これで皆の前で演奏するわけ?」って感じのレベルですが、普段別々の部門で働いているメンバーが集まってワイワイやるのが楽しいので良しとしましょう。

それにしても、ニッケルハルパ、全然弾いていなかったので、調弦が大変でした。(弦が16本あるんです。)試験が終わったらちょっと練習するかな・・・

[2005/12/08 05:48] Folkmusik - 民俗音楽 | TB(0) | Comment(0)

ただいま午後の2時です。 

ということは・・・仕事中ですが、Fikaタイム(お茶の時間)なので心配しないでください。他の時間はちゃんと働いてますから。

デジカメ君は今、注文先から郵便局のトラックに乗って、もともと長い首をもーっと長くして待っている私の元へ向かっている途中なので、今日も写真はなしです。

前置きが長くなりましたが、今日はきなこさんからのコメントでお尋ねがあったトップの写真の楽器についてちょこっと書いてみます。

この楽器、スウェーデンにお住まいの方なら見たことがありますよね?えっ、ないですか?じゃぁ50kr札はお持ち?持ってる?だったら見たことありますって。50kr札の裏を見てください。ほーらあったでしょ?

この楽器、Nyckelharpaって言います(ニッケルハルパ)。一応スウェーデンの伝統楽器、とでも呼んでおきましょうか。(詳しいことを知りたい方は個人的にお問い合わせくださいな。)
ニッケルとは、スウェーデン語で鍵の事。この場合は鍵盤、あるいはキーですね。ハルパはハープです。
ボディの部分は基本的にバイオリンと同じ構造ですが、写真の真ん中手前から右側にあるニッケルを押さえることによって音程を変えます。バイオリンは左手の指で弦を押さえますがニッケルハルパはこのキーが弦を押さえるんですね。

弦は全部で16本(昔のタイプはもっと少ない物があります)、このうち演奏弦が4本、うち一本はBordun(ボルドゥン;通奏低音)と言ってキーを使いません。残りの12本は、共鳴線です。この共鳴線が二ッケルハルパ独特の深い音色を作ります。

演奏には35-50cmくらいの弓を使います。

この楽器はスウェーデンのFolkdans(民族ダンス)の音楽の演奏に使われてきました。今ではクラッシック音楽やポップにも時々使われています。

おおっと、Fikaタイムを過ぎてしまったので今回はこの辺で。
Nyckelharpaやfolkmusikに関してはまだまだ書く事がたくさんあるのですが、またの機会に。そのうち音も載せる予定ですのでお楽しみに。
[2005/10/25 21:02] Folkmusik - 民俗音楽 | TB(0) | Comment(7)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。