FC2ブログ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日は色々・・・ 

今日は朝からよく働いてよく遊びました。

まずは車のタイヤ交換。11月の1日からは法律で冬用のタイヤを装着しなければいけないことになっています。今年はその上車検を11月1日に予約してあるので、その前にどうしても交換しておかなければならなかったんです。

そのあと一旦家へ戻ってお昼ごはんを食べてから、車で10分ほどのところにある国立自然公園へ。キノコ狩りが目的だったんですが、いつもの場所と違うところを試してみよう、ということになりました。持って行ったデジカメは自称「カメラ泥棒」ことニルスに横取りされたので、私はひたすらキノコ探し。場所は結構良さそうだったのですが、収穫はいまいち。でもTrattkantarellがまだありました。

帰ってきてから今度はKardemummabullarとメロンパンを焼きました。私はパン生地を捏ねるのが好きなんです。ストレス解消に最適です。おまけにbulleを焼くとニルスがご機嫌になるので一石二鳥。
ブッレ

メロンパン


そしてその合間に、晩御飯の用意。今日のメニューは竜田揚げ。
竜田揚げ

カメラマンはカメラ小僧、ニルスです。

うーん、さすがに疲れちゃいました・・・
スポンサーサイト

[2005/10/30 05:27] Mat - たべもの | TB(0) | Comment(2)

ダーリンはスウェーデン人 

ニルスのことをダーリンと呼んだことは、間違っても今まで一度もありません。これからも絶対、呼ぶつもりはありません・・・呼ばれたくもないようですが。(笑)

このカテゴリー名は、知る人ぞ知る、小栗佐多里さんの「ダーリンは外国人」という漫画からお借りしたものです。この漫画は。妹が遊びに来たときに「ねーちゃん、これ笑えんでぇ」と言って持ってきてくれました。
作者の小栗さんと旦那さん、トニーの生活描写、とでも言いましょうか。とにかく大笑いしながら一気に読んでしまいました。特に面白かったのは、「わー、これ、うちと同じ!ニルスもこんなことやってる!」と思うことが、おかしくなるほど多かったこと。何回読んでも笑えます。

前置き(だったんです・・・)が長くなりました。えー、このカテゴリーでは、日本語をほとんど独学で覚えた(拍手!)ニルスの、ちょっとかわいい間違いや、楽しい誤解を紹介したいな、と思っています。前々から「ニルス語辞典」なるものを作ろうと思っていたんです。

では本日のニルス語。

こわいい」 
語源;「かわいい」+「こわい」 
意味;ちょっとこわいけどかわいい

さとこのコメント:これはニルスが、私のことを「かわいい」と言おうとして、でも潜在意識の中にあった私への恐怖の気持ちがつい言葉に出たものと思われます。友人曰く;「さとこさんってやっぱり怖いんだ・・・」
優しいつもりなんだけどなぁ・・・でも時々怖いかも。反省します。

お散歩 

今日は仕事の後で、家から車で5分ちょっとのところにある自然保護区へデジカメ君を連れて、ニルスとお散歩に行ってきました。

車を降りると、ふわーっと落ち葉の香りが漂ってきました。思わず深呼吸。香りをお届けできないのが残念です。

今のアパートに引っ越してきたのが、3月。ついこの間までこんなに近くに、こんなに素敵なところがあるのを知りませんでした。
Flaten1 -フラーテン 

スウェーデン語でSpegelblankという表現があります。鏡のようにツルツル、という意味ですが、今日の湖はまさにそんな状態でした。

Svamp -きのこ

以前ヴェステルオースと言う街に住んでいたときに、私のことを「さとこ」ではなくて「きのこ」と呼ぶ友達がいました。別に私がきのこに似ているからではなくて(と、思いたい)、森に行くといつもきのこ(というよりは食べられるもの)を探してウロウロしていたからです。(苦笑)
もちろん、今でも毎年きのこ狩りは欠かせません。今週末も行ってくる予定です。

今日はお散歩と言いつつ、実はデジカメのテストが目的でした。とても気持ちの良いお散歩になりましたが、常に被写体を探しながら歩いていました。撮った写真の数は絶対、ニルスの方が多かったと思います。時々「私にも撮らせてよ」、と言う羽目になりましたもん。(笑)どうも、もう一台買わなくちゃいけないような感じですね。

最後にこれは、本日のお気に入りです。
Flaten2 -フラーテン


[2005/10/28 05:38] Natur - 自然 | TB(0) | Comment(5)

相棒からご挨拶 

こんにちは皆さん!
私はさとこの相棒です。時々さとこのブログで書いてあげることにしています。ニルスと申します。よろしくお願いします。

今日はさとこと家のそばで散歩をしました。最近色々なそばにあるいい所を見つけました。今日の所は本当にストックホルムのそばなのに、自然を見ると田舎の感じをします。それに人はあまりいなかったし、風がなかったし、とても気持ちよかったです。

私は自分のブログも持っています。そこに自分で作った音楽を載せます。漢字の勉強をする時に時々曲を考えてきて、 キーボードで引きました。その後はさとこを「この四個の漢字の中でどれを弾いた」と聞きました。それで好きな曲を載せて始まりました。ほしかったら私の
漢字の感じのブログを見て聞いて来てください。

今ではデジカメがあるので、たぶんデジカメで取った写真の曲も作りたいと思っています。これは今日取った写真です:
Flaten_himmel -フラーテン 空


[2005/10/28 05:35] 二ルスの独り言 | TB(0) | Comment(3)

ふっふっふ・・・ 

すみません、いきなり不気味な笑いで始めてしまいました。
なぜかというと・・・

ジャジャーン!
デジカメ君が到着したんです。キャノンのパワーショットA610です。もっと小型のカメラを買おうかと思っていたのですが、色々調べて比べた結果、画質と機能でこれに決まり。
発売日が遅れ、さんざん待たされましたが、どうやら正解のようです。(って2時間前に受け取ってきたばかりやん・・・)

で、早速テストを行いました。
どうですか?

Vantar ミトンこれは去年編んだミトンです。スウェーデン独特の編み方(特にDalanaからNorrlandあたりで使われていたとか。ノルウェーの一部にもあるようですが)、Tvåändsstickningというテクニックで編んであります。この編み方には初挑戦だったので編み方を理解するのが結構大変でした。実は編み物自体、あまり経験がないんです(汗)。

Tvåändsstickningは毛糸だまの両端(Tvåänd)、つまり糸を2本使って編んでいきます。その為、編地が分厚くなり、編目と編目の間隔も普通の編地より狭くなるんです。寒い国で暖かい手袋などを編むために考え出されたんですね。(相棒のコメント:本当にすごく暖かくて気持ちいいです!)

Vante ミトンの模様普通の編み物は、表、裏、表と一段ごとに表、裏で編んでいきますがTvåändsstickningは、らせん状にグルグルとまわりながら編んでいきます。また、普通の編み方ではできない模様編みができます。

Tvåändsstickningをする人は、今ではあまり多くないようです。とても丈夫で暖かい物ができるし、素敵な模様もできるのに、手に入る資料も少ないし、実際に編み方を教えてくれる人もあまりいないのが残念です。こういう伝統技術はぜひ将来に残していきたいですよね。

ただいま午後の2時です。 

ということは・・・仕事中ですが、Fikaタイム(お茶の時間)なので心配しないでください。他の時間はちゃんと働いてますから。

デジカメ君は今、注文先から郵便局のトラックに乗って、もともと長い首をもーっと長くして待っている私の元へ向かっている途中なので、今日も写真はなしです。

前置きが長くなりましたが、今日はきなこさんからのコメントでお尋ねがあったトップの写真の楽器についてちょこっと書いてみます。

この楽器、スウェーデンにお住まいの方なら見たことがありますよね?えっ、ないですか?じゃぁ50kr札はお持ち?持ってる?だったら見たことありますって。50kr札の裏を見てください。ほーらあったでしょ?

この楽器、Nyckelharpaって言います(ニッケルハルパ)。一応スウェーデンの伝統楽器、とでも呼んでおきましょうか。(詳しいことを知りたい方は個人的にお問い合わせくださいな。)
ニッケルとは、スウェーデン語で鍵の事。この場合は鍵盤、あるいはキーですね。ハルパはハープです。
ボディの部分は基本的にバイオリンと同じ構造ですが、写真の真ん中手前から右側にあるニッケルを押さえることによって音程を変えます。バイオリンは左手の指で弦を押さえますがニッケルハルパはこのキーが弦を押さえるんですね。

弦は全部で16本(昔のタイプはもっと少ない物があります)、このうち演奏弦が4本、うち一本はBordun(ボルドゥン;通奏低音)と言ってキーを使いません。残りの12本は、共鳴線です。この共鳴線が二ッケルハルパ独特の深い音色を作ります。

演奏には35-50cmくらいの弓を使います。

この楽器はスウェーデンのFolkdans(民族ダンス)の音楽の演奏に使われてきました。今ではクラッシック音楽やポップにも時々使われています。

おおっと、Fikaタイムを過ぎてしまったので今回はこの辺で。
Nyckelharpaやfolkmusikに関してはまだまだ書く事がたくさんあるのですが、またの機会に。そのうち音も載せる予定ですのでお楽しみに。
[2005/10/25 21:02] Folkmusik - 民俗音楽 | TB(0) | Comment(7)

はじめまして 

こんにちは!

ようこそ「Smått och gott - なんでもかんでも」へ!
タイトルにあるように、思いついたことを何でもつらつらと書いてみようと思ってブログを始めました。

スウェーデンの民俗音楽や手工芸、自然、文化の違いについてや大好きな食べ物の話、そしてたまには愚痴も聞いていただければ、と思っています。今日は気取って(?)標準語ですが、たまには関西弁も出るかもしれません・・・
今日、念願のデジカメを注文したので、届き次第写真も載せられるといいな。

こうして書いている横で相棒が「僕も何か書きたい」と騒いでいるので、彼にも時々コメントを書いてもらいましょう。ただし条件は「日本語で書くこと」ですので、きっと面白いことになるでしょう。もちろん校正なしです。

コメントや質問(スウェーデンやスウェーデン語に関してもOKです)、お待ちしていますのでよろしくお願いしますね。





[2005/10/25 05:07] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。