スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ニルスより: スウェーデンの文字 

私は言葉(スウェーデン語も日本語も)の興味があって、よくSpråket(言葉)と言うラジオのプログラムを聞きます。そのプログラムでいい教授が聴取者の質問を答えます。色々な事を習えますよ。今日はスウェーデン語のbokstavの質問がありました。その単語は文字と言う意味で、bokとstavで成り立っています。bokは本と言う意味だけど、stavは棒状の物です。それにstavはたぶん「立つ」の意味があります。

なぜstavが入っているのか知りませんでした。実その単語はバイキンの時からですよ。バイキンが石文を建てされて、石で「ルーン」と言う文字で書きました。私はバイキンがstavにどのような意味を込めたか分かりませんでしたが、テオリを一つで石で書いたら丸い形が出来ないので、棒状の物の形しかありませんでした。も一つのテオリ(たぶん正しい)で石が立てるのでstavになりました。新しい文字が来る時に古いのは「ルーンstav」と呼ばれて、新しいは「Bok-stav」(本の文字)になりました。

ところで、私はほとんど自分で日本語で書きます。ちょっと日本語の練習なので、間違いがあったら教えてください。コメントを貰ったらも面白いです。いつでもスウェーデン語の質問があったら聞いてくださいね。もっと石の絵

[2005/11/09 06:27] 二ルスの独り言 | TB(0) | Comment(5)

språket

ニルス君、こんにちは&お久しぶり!

そのラジオ番組、もしかしたら日曜の朝やっている奴かな?(それとも、私のうる覚えだったかしら?)
うちの夫も(ついでに私も)聞いているけど、私は番組の内容を全て理解している訳ではないので、ちなみに、bokstavの話がいつのだったか覚えていません。

それはそうと、bokstavの話、面白いですね。私はルーンのことも含めてヴァイキング時代のmytのことを(時間があったら)色々と読んでみたいなぁ~と思っています。

それにしても、ニルス君の日本語の上達、驚異的ですね!うちの夫を見習わせたいわ。彼の日本語はいまだに娘の日本語と同じレベル。そのうち、きっと娘にも抜かされるぞ。


[2005/11/10 01:04] sachiko [ 編集 Redigera ]

こんにちはサチコさん。久しぶりですね!

私はその番組をよく火曜日に聞きますが、日曜日07:30にも再放送があって同じ番組と思います。さちこさんがこの話を気に入ってくれてうれしいです。私の書いた事は分かりにくくなったかと思ったのに。

日本語はありがとうございました。Kちゃんは日本語が早いでしょう。さちこさんの旦那さんはたいへんですね。ところで、Kちゃんの写真を見ました。とてもかわいかったです。金髪になりましたね。

ところで、Röde Ormと言う本を読んだことがありますか? ヴァイキングの話です。本当の歴史ではないけど、とても面白いですよ。お勧めです(日本語にも訳されているそうです)
[2005/11/10 04:15] ニルス [ 編集 Redigera ]

すごいですね。

ニルスさん、今回も日本語すごいですね。
「~状」とか「たぶん」とか日本語の
あいまいな表現もちゃんと使えてますよね。
自分の日本語の方が怪しい気がしてきました。私の彼は『8年後には同じようになりたい!』と言ってました。8年後って40歳越していますが。。

ところで「テオリ」ってなんですか?
[2005/11/11 09:22] きなこ [ 編集 Redigera ]

とても嬉しいです!きなこさん、ありがとうございました。書く時に色々な言葉を辞書で調べられるので、本当に同じように話せませんが。日本語はまだです。私はきなこさんのブログを読みたいけれど、今は読むのが遅いのでちょっと大変です。それでも、ブログを早く読めるようになりに漢字をがんばって勉強します。

「テオリ」は学説と言う意味で、英語の「theory」です。何か、「たぶんそう」と言う事を書いたかったですが。日本語で「理論」もあるけど、たぶん科学だけで使います。よく知りません。どの単語を使った方がいいと思いますか?
[2005/11/11 17:41] ニルス [ 編集 Redigera ]

Röde orm

夫の昔のお気に入りの本で、うちにあります。
実は第1章読んだところで、全然頭に入ってこなくて(=内容を理解していない)、その後読んでません。夫も「歴史や神話物が好きなら、この本読んでみたら。面白いから。」と言ってましたが。今年の冬休みに再挑戦してみるかー!

でも、学術本(専門書)ならスウェーデン語でも大丈夫だけど、romanは正直難しい。行間のニュアンスがさっぱり理解出来ないのです。Martin Bäckのシリーズ本を義母から借りて読んだことあったけど、それでも難しかった。いつか、Harry MartinsonのAniaraを読んでみたいのですが、いつになることやら・・・


[2005/11/13 16:13] sachiko [ 編集 Redigera ]

コメントの投稿 L?mna ett kommentar













管理者にだけ表示を許可する Visa kommentaren endast f?r bloggens ?gare

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://findus.blog33.fc2.com/tb.php/16-974ce598


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。