スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ニルス、日本人になる!? 

寒くなってきましたね。
私はこのぐらいの気温が好きです。空気がなんかこう、ピリッとした感じで気分がいいので。寒くなると、なぜかお天気の良い日が多いし(物理学者のさちこさん、何故ですか?)。
困るのは肌がすご~く乾燥してしまうことと、静電気。この二つは私の冬の敵です。昨日もお店でコンピューターを見ていて、何気なく触ったらバシッ!!痛かったよぉ。何かに触るたびにこれの繰り返し。髪の毛は静電気で半分は顔にへばりつき、残りは鬼神のように広がってるし、唇はバリバリ。静電気を防ぐにはどうすればいいんでしょう・・・

さて、本題に入りましょう。
Jeniさんのブログで助数詞の話題が出ていましたが、この他に日本語を学習する外国人にとって難しいのが、Onomatopoetik(擬音、擬態語)です。もちろんニルスもこれを理解するのに苦労しています。彼はこれを「ナニナニ言葉」、と呼んでいるのですが、(例えば「バタバタ」とか「パチパチ」とかですね)これが最近なんとなく分かるようになってきたとか。
で、先日うれしそうに「私は日本人になったからナニナニ言葉が分かるようになった!」と言ってました。「そっか、日本人になったんだ、すごいねぇ。」と一応ほめておきました。
その後、ナニナニ言葉をいくつか挙げてテストしたところ、ニルスはまだ(おまけして)半分しか日本人になっていないことが判明しました。日本人への道はまだまだ長いようです。がんばれ、ニルス!

注:) ニルスより一言: 「日本人になった」と言ったのはもちろん冗談ですよ!

おまけ:今日の晩ご飯はキムチ・キムチ・キムチ!
白菜のキムチ、きゅうりのキムチ、大根のキムチ、Kålråtのキムチとキムチスープと韓国のりでした。あ~おいしかった。ご飯をお茶碗に2杯も食べてしまいました。
辛いのが苦手なニルスには、残り物野菜と卵のチャーハンを作ってあげました。(こちらは写真なし)
キムチご飯


静電気

私も静電気娘です!
電気屋でバイトしていた時は、冬だったので、泣きそうな事が何度も何度も。車のドアーも要注意ですよね!

うちの相方もオノマトペ、大好きです(笑)。
この間、ストックホルムに行ったときも、本屋さんでオノマトペの本買ってました・・・。
無理やり、合わないオノマトペをくっつけて、文章を作るのが好きみたいです。
[2005/11/18 06:24] Jeni [ 編集 Redigera ]

電気屋でバイトは大変そう・・・
私は服がペッタリ体にへばりついてきて気持ち悪いです。動くたびにパチパチ音がするし。セーターを脱ぐ時なんか髪の毛総立ちです♪(笑)

Jeniさんの旦那さんもやっぱりナニナニ言葉、好きですか。
五味太郎さんの日本語擬態語辞典だったかな?はニルスのお気に入りです。
[2005/11/18 17:05] さとこ [ 編集 Redigera ]

「なになに語」ってかわいいですね。
チャーリーにもテストしたことあったんですが、本当に面白くてしばらく笑えました(あんなに笑ったらかわいそうだけど・・)
それにしても日本語擬態語辞典なんてあるんですね。

いつものことながら、とってもおいしそうです!!


[2005/11/18 23:54] kraka.82@gmail.com Aida [ 編集 Redigera ]

実は難問です。

こんにちは、さとこさん。

残念、その分野は「気象」になるので、私にはよく分かりません。夫にも聞いてみたけど、非常に大局的な視点でなら、「冬は、北極海上空成層圏に形成される polar vox (極域渦)の境界に位置するジェット気流(対流圏に存在)の影響が効いてくると思うけど・・・」とのこと。上空にジェット気流があると、例えば今年の夏の地中海域での異常な乾燥が起こることは分かっているみたいですが、何がジェット気流の位置を決めるかは物理学的にはよく分かってないみたい・・・というより、この分野は「複雑系」になってしまって、気象学的統計でしかまだ扱われていないテーマだと思います。

長々、だらだらと書いてしまいましたが、要は「どうしてそうなるのか?」はよく分かっていないようです。「ジェット気流があると統計的にそうなる」のが今のところの答です。

[2005/11/19 16:14] sachiko [ 編集 Redigera ]

onomatopoetik

うちの夫、「何それ?」って言葉さえ知りませんでした。私もSAOBで調べてみたのですが、「該当する単語がありません」と出て来ました。ウェブで調べるところってどこにあります?


[2005/11/19 17:07] sachiko [ 編集 Redigera ]

Aidaちゃん、
正確には「英語人と日本語人のための日本語擬態語辞典」といいます。Japan Timesから出ているのでチャーリー君のクリスマスプレゼントにどうですか?英語と日本語の対訳テキストに五味太郎さんのとぼけたイラストがついていておすすめです。

さちこさん、
ニルスには「寒くなると天気が良くなる」んじゃなくて「天気が良くなると寒くなる」んでしょう、と指摘されましたが・・・ そっか、気象関係の人に聞かなくちゃいけなかったんですね。説明どうもありがとう!J君にもよろしくね。

Onomatopoetikと名詞形で書きましたがOnomatopoetisk(形容詞)が正しいです。(名詞形は存在しないみたい?)日本語では擬音語ですね。
NordstedsのSvenska Ordbokには som härmar ett (icke-språkligt) ljud(=言葉ではない音を真似する)とあります。(t.ex. dunk, krax, kackel...ちなみに、「ヒソヒソ話」の「ヒソヒソ」はスウェーデン語でhysch hysch=ヒシュヒシュと言います)同意語はLjudh&aunl;rmandeです。知らない人、結構いますよ。
擬態語の対訳語はスウェーデン語にはありません。調べた限りでは英語にも対訳語がなかったです。
感情を表したり、何かの状態を表すナニナニ言葉もありませんね。日本語は表現力が豊かですよね~。
ちょっとこれからゴロゴロしてきま~す!
[2005/11/19 23:24] さとこ [ 編集 Redigera ]

hysch hysch は面白い!

さとこさん、今晩は。

まずは、ニルス君の指摘の「天気が良くなると・・・」は一般的には正しいのですが(放射冷却現象という奴ですね)、スカンジナヴィア半島の場合は「寒くなると・・・」で正しいのです。

onomatopoetiskの件、ありがとうございます。うちの夫はニルス君と違って、語学の才能(というより努力が)ゼロ。彼に尋ねたところで既に間違いでした。それにしても、hysch hysch は面白い!前から思っていたことなんですが、スウェーデン語のちょっとした言葉の語感って何か日本語と似てませんか?


[2005/11/20 06:19] sachiko [ 編集 Redigera ]

コメントの投稿 L?mna ett kommentar













管理者にだけ表示を許可する Visa kommentaren endast f?r bloggens ?gare

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://findus.blog33.fc2.com/tb.php/24-9138a5ce


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。