スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

なんでスウェーデン? 

今日、アイーダちゃんのHP(Absolut Sverigeのスウェーデン文学)でちょっと気になるものを見つけました。

実はこれ、私がスウェーデン語を始めようと思ったきっかけなんです。
10年ほど前に癌で亡くなった私の伯母、亡くなる前に私にこの本を送ってくれました。

findusSven Nordqvist スヴェン ノルドクヴィスト作 Pannkakstårta (パンカークストータ)
猫のFindus (フィンドゥス)とちょっと変わり者のPettson (ペットソン)おじさんのお話です。
この絵本、絵がすごく面白くて、どうしても原文で読みたかったんです。で、スウェーデンに来てスウェーデン語を始めました。
もちろんスウェーデン語版で全種類もってます♪(笑)

アイーダちゃんのHPによると、日本語版は絶版とか。
それも仕方ないかな、と思います。
私がこの本に夢中で(スウェーデン語版)、辞書を片手に読んでいた時、父が偶然本屋さんのバーゲン(日本では珍しいですよね)で日本語版を見つけてきました。
読んでみてがっかり。ちっとも面白くないんです。
猫の名前はフィンダス、(なんかダサイじゃないですか)となっているし(正しくはフィンドゥス)、おじさんの名前ときたらなんとぺテルソン(本当はペットソン)。

名前だけならまだしも、この本の面白さである方言や言葉の使い方がちっとも訳されていなかったんです。(実は私、大学でスウェーデン語を勉強した時に、この本の言葉遊びについての論文も書いたりしました。10ページほどですけどね。)

よく見たら翻訳は英文から。スウェーデン語からの翻訳じゃなかったんですね。(翻訳者が下手だったから、と言うわけではない、ということです。念のため・・・)

「こんなに面白い本なのに!」、と残念に思いました。
で、なぜか当時の私、碌にスウェーデン語も出来ないのに、なんと暇な時間を全部使って翻訳を始めました。
もちろんその時は完成しませんでしたけどね(爆)。
当時のスウェーデン語の先生からこちらの学校への推薦状にも「さとこは、Findusの翻訳もしてる」なんて書いてあったりして。恥ずかしい・・・

ま、未だに「絶対面白い翻訳をしてやる!」とひそかな野望は抱いていますが。関西弁で訳そうかな。
なので絶版になったと聞いてちょっと嬉しかったりもしています。
スウェーデン語の絵本の翻訳をしている方、お願いですからFindusとPettsonの訳だけは私にやらせてください。
だめかなぁ?



[2005/11/26 02:10] 未分類 | TB(0) | Comment(5)

この本のことは今さとこさんのブログではじめて知ったけど、そんなに面白いなら是非読んでみたいなぁ。しかもさとこさんの関西弁の訳で。相方に聞いたら知ってるかな?スウェーデンでは有名な本ですか?
[2005/11/26 06:25] mocca [ 編集 Redigera ]

私もこのシリーズ好きです。子供が好きそうですよね。絵が細部まで凝っていて。これがさとこさんのスウェーデン語を勉強するきっかけになった本なんですね・・・

将来さとこさん訳のフィンドゥスの本がでるの、楽しみにしてるね!
[2005/11/26 07:02] るー [ 編集 Redigera ]

Moccaさん、フィンドゥスと言えばきっと抹茶さんも知ってますよ。すごくかわいい絵本なので、大人でも十分楽しめます。絵を見るたびに新しいものを見つけられるので楽しいです。

関西弁訳が合うかどうかは分からないけれど(笑)、将来のプロジェクトです。すっごく難しそうだけど・・・

るーさん、そうなんです。変でしょ。この本が読みたいからってわざわざスウェーデンまで来てス語を始めるなんて。

いつのことになるか分からないけど、翻訳出来ればいいなぁと思っています。無理でしょうけどね。(笑)

[2005/11/26 21:17] さとこ [ 編集 Redigera ]

この本、私たちも好きです。
特に次男が。
私がネットチェックしてると、かならずさとこさんとこのFindusの絵に引っかかって、ひざに乗っかってきます。もちろん今も。
「ペッチュション、ドーットン(datan)」と雄たけんでおります。
今、映画もやってますよね。
来週末、長男と見に行く予定です。
[2005/12/01 01:41] かなか [ 編集 Redigera ]

かわいいー!!

かなかさん、
コメントありがとうございます!
「ペッチュション、ドーットン」だって、かわいい・・・
この絵本、絵だけでも面白いですけど、文章が読めるともっと面白いんですよね。
次男君と、何時間でもペッチュションについて語り合えそうです♪よろしくお伝えください!
[2005/12/01 05:02] さとこ [ 編集 Redigera ]

コメントの投稿 L?mna ett kommentar













管理者にだけ表示を許可する Visa kommentaren endast f?r bloggens ?gare

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://findus.blog33.fc2.com/tb.php/30-2f12143d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。